主な機能

  • ANSI-709.2準拠の電力線トランシーバとANSI 709.1準拠のNeuron® 3120またはNeuron 3150プロセッサコアを統合
  • FCC、カナダ産業省、日本郵政省、欧州CENELEC EN 50065-1電力線通信規制に準拠する設計
  • CENELEC AバンドおよびCバンドでの動作に対応
  • 2重搬送波周波数モードおよびデジタル信号処理
  • アプリケーションコードおよび構成データ用組み込みEEPROM 4 KB(PL 3120電力線スマートトランシーバ)および構成データ用組み込みEEPROM 0.5 KB(PL 3150電力線スマートトランシーバ)
  • より多くのメモリーが必要なアプリケーション向けの外部メモリー用インターフェース(PL 3150電力線スマートトランシーバのみ)
  • ネットワークデータおよびネットワーク変数のバッファ用の2 KB組み込みRAM
  • 全2重方式ハードウェアUARTおよびSPIシリアルインターフェース
  • 38のプログラム可能なI/Oモードを持つI/Oピン12本で、外部インターフェース回路を最小化
  • 動作温度範囲−40 °C ~ +85° C

技術仕様

仕様
排出準拠

FCC、カナダ産業省、日本郵政省、欧州CENELEC EN 50065-1低電圧信号仕様に準拠する設計

ビットレート

CENELEC Cバンドでの生ビットレートは5.4 kbps、CENELEC Aバンドでの生ビットレートは3.6 kbps。

通信技術

DSP強化レシーバ付きデュアル周波数BPSK

搬送周波数

CENELEC Cバンドで132 kHz(プライマリ)および115 kHz(セカンダリ)、

CENELEC Aバンドで86 kHz(プライマリ)および75 kHz(セカンダリ)、

RoHS(特定有害物質使用制限)準拠

15311R-1000および15321R-960の両モデルは、電気機器および電子機器の特定有害物質使用制限(RoHS)に関する欧州の2002/95/EC指示に準拠するよう設計されています。

PL 3120/3150/3170スマートトランシーバデータシート

ダウンロード

リソース

IIoT要件

IzoTプラットフォームが産業用IoT要件に対応する手法をご覧ください。

ホワイトペーパーのダウンロード

ビルディングと照明システムを1つに統合した事例をご覧ください。

知識キットへのアクセス