主な機能

  • 過去に9万基以上のシステムに使用され、5百万台以上のデバイスのコミッショニングを行ったエシェロンのLNSネットワーク管理エンジンを統合
  • IzoTおよびLONネットワークの設計、インストール、監視または制御用Windowsアプリケーションの開発・実行が可能なWindows向けソフトウェアプラットフォームを提供
  • ISO/IEC 14908-2 FT、ISO/IEC 14908-3 PLまたはRS-485チャネル上の従来のLONデバイスに加え、イーサネット・無線LAN上のLonTalk/IPやIP-852デバイスなど、LonTalk/IPおよび ISO/IEC 14908-1互換デバイスに対応
  • 複数のデバイスのコミッショニング、監視、操作や、複数のベンダーによる複数のアプリケーションの実行を複数のユーザが同時に行えるオープンプラットフォームを提供
  • ネットワーク管理アプリケーション、オペレータインターフェイスアプリケーション、ドライバ、ネットワーク診断ツールなど、幅広いアプリケーションに対応
  • IzoT Net、OpenLNS、LNSプラグインに対応
  • 数百のサードパーティのアプリケーションによるサポート
  • 最大1000チャネル上で、最大4096つのデータポイントまたはネットワーク変数に対応するデバイスを最大32,385台まで稼働するネットワークに対応
  • 複数のLonTalk/IP、従来のLON、IP-852ルーターを含むマルチチャネルネットワークに対応
  • お試し版が無料でダウンロード可能
  • お試し版はアプリケーションやプラグインとともに自由に再配布可能

技術仕様

仕様
PC要件:

オペレーティングシステム

  • Microsoft Windows 8(64/32ビット)、Windows 7(64/32ビット)、Windows Server 2012(64ビット)、Windows Server 2008 R2(64ビット)、Windows Server 2008 SP2(32ビット)、または Windows XP SP3(32ビット)

最小ハードウェア

  • Intel Pentium III 1.3 GHzプロセッサまたはそれ以上、および選択したWindowsバージョンの最小要件を満たすこと
  • 2 GB RAM
LonTalk/IPおよびLONネットワークの上限

デバイスごとの上限(デバイスのファームウェアによってさらに制限が課される場合があります)

  • データポイントまたはNV数:4096
  • アドレステーブルエントリ数:32,768
  • エイリアステーブルエントリ数:1024

ネットワークの上限

  • 有効なクライアント数:20
  • デバイス数(ルーターおよびネットワークサービスデバイスはそれぞれ2基に数えます):32,385
  • アプリケーションデバイスタイプ数:32,385
  • チャネル数およびルータ数:1000および1000
  • ドメイン数:1
  • 境界セレクタ数(セレクタは自動的に再使用されるため、コネクション数はこのプロトコル上限による制限を受けません):12,288

IzoT Net Serverの上限

  • 監視・制御のための独立モードで同時にオープンできるネットワークデータベース数:100
  • 管理、監視、制御を含むIzoTネットワークサービスをフルに使うために同時にオープンできるネットワークデータベース数:50
  • 複数のアプリケーションが同一ポイントを監視する場合、インテリジェントポイント共有によって有効化できるデータポイント数:(この上限は監視ポイントの永久的な監視には適用されません):8000
  • 永久的な監視ポイント数(ローカルホストネットワーク変数の監視は、永久的な監視ポイントには数えられません):65,535
  • 永久的な監視セット数(各監視セットはどのアプリケーションでも使えます):8000
  • 同時に送信できるトランザクション数(ネイティブLonTalk/IP、IP-852またはLONレイヤ2ネットワークインターフェース使用時):250
  • 同時に受信できるトランザクション数(ネイティブLonTalk/IP、IP-852またはLONレイヤ2ネットワークインターフェース使用時):250


IzoT Net Serverデータシート

ダウンロード

リソース

ビルディングと照明システムを1つに集約した事例をご覧ください。

知識キットへのアクセス

産業用IoTはなぜ制御ネットワーキング2.0の進化版なのか?

ホワイトペーパーのダウンロード