主な機能

  • 動作電圧3.3 V。80 MHzのシステムクロック、64 KB RAM、16 KB ROMオンチップメモリー
  • 大容量外部フラッシュメモリー、最大256 KBのアプリケーションに対応
  • 最大254までのネットワーク変数(NV)と最大127までのエイリアスに対応。最大254アドレステーブルエントリ(16倍)
  • 低コストサーフェイスマウントFT-X3通信変圧器
  • 極性のないフリートポロジ(スター、デイジーチェーン、バス、ループ、または混合トポロジ)に対応。非常に高いコモンモードノイズイミュニティ。
  • ユーザーによるプログラム可能な割り込み、ハードウェアUART、プログラム可能標準I/Oモデル35個を備えたI/Oピン12個
  • 永続的な記憶が必要なデータロギングやその他のアプリケーション向けのフラッシュファイルシステム
  • 独自の48ビットIEEE MAC ID
  • 7 mm x 7 mm 48ピンQFNパッケージ、-40 ℃〜+ 85 ℃

技術仕様

仕様

プロセッサ

  • FT 6000スマートトランシーバ。
  • プロセッサ入力クロック
  • 10MHz(5 MHz〜80 MHzシステムクロック)。

プロセッサメモリー

  • 64KBオンチップRAM、16KBオンチップROM、512KBの外部シリアル
  • 64KBのNeuronメモリ空間にマップされたフラッシュメモリ
  • onIzoTNodeBuilderハードウェアテンプレート定義。

動作入力電圧

  • +9〜12 VDC非調整。

外部入出力電源

  • +5 Vと+3.3 Vの組み合わせによる電流上限100 mA。

外部電源

100〜240 VAC、50または60 Hz。

動作温度

  • 0〜+45 °C

    非動作温度

    • -20〜+70 °C

    寸法

    • 140 mm x 105 mm x 30 mm
    • EMC準拠
    • EN 55022クラスA。

FT 6000スマートトランシーバ

ダウンロード

リソース

IzoT演習ラボ

あなたのアイデアを産業用モノのインターネット(IIoT)製品に実現する最短経路。

開発を始める

IIoT要件

IzoTプラットフォームが産業用IoT要件に対応する手法をご覧ください。

ホワイトペーパーのダウンロード