概要

「スマート」トレインは、列車と線路間、異なる列車間、同じ列車の車両間で、ブレーキなどの重要な操作について、完全に信頼できる瞬時の通信を必要とします。列車が非常に長い場合、列車の離れた部分で問題が発生した時に、機関車士がそれを認識することは不可能です。より大きな規模で、列車のスケジュールを管理し、車両の構成を最適化することは、ピーク輸送時間、貨物の種類や乗客の行動(窓の開閉など)、線路の条件、踏切操作といった無数の要因を考慮することを意味します。

列車は、人間の操作に頼ることなく、ダイナミックに、時には瞬時に感知し、反応できる通信を必要とします。世界中で活躍する現代の鉄道システムは、LonWorks®標準ネットワークプロトコルを含む、産業用モノのインターネット(IIoT)アプリケーションを導入しています。さらに、エシェロン社のIzoT™プラットフォームによって提供されるような高度な産業用モノのインターネット(IIoT)技術を使用すると、列車をより効率的かつ安全に運用できるようになります。別の言い方をすれば、列車はスマートになり得るということです。

ケーススタディ

サンタクララ列車のスマートシステムケーススタディ

詳細を読む

エシェロン社がACELAの活躍を支援

詳細を読む

製品

IzoTベースの制御ネットワークを作成して、監視する方法。

スターターキットのダウンロード

IoTの解剖学:特長、機能、および能力。

オンデマンドウェビナー